2008年7月13日〜17日まで、Juppoスタッフ渡米、「FileMaker Developer Conference 2008」に5名参加。カンファレンス・サプライズ特集

  • HOME
  • カンファレンスサプライズ特集2008

7月13日 カンファレンス前日

今日はカンファレンス会場への移動日。ロビーへの集合時間は8時。

荷物の少ない私は、一足早くロビーへ向かう。ネットの環境が悪いので、ロビーで繋がるか試したりしていると、Mr.ファイルメーカー永井さんが登場。「カンファレンス通信が送れないの」と泣きついてみるが、「ここは繋がりにくいね」と爽やかに言い渡された。

そこに、眠そうな目をした徳ちゃんと山上ちゃんが下りてきた。「眠れなくて、枕抱えたまま何時間もベットにいました」と目がウサギのような山上ちゃん。

「でかいコオロギがいっぱいいたんですが、こっちは日本のアリのような存在で、コオロギがいるんですかね?」とこれまた寝ぼけたことを言う徳ちゃん。

4人がロビーでしばらく談笑していると、集合時間の8時となった。

「エリックは?」 ・・・10分経っても現れないエリック。

「寝てるのかな」 ・・・15分経過。

「置いて行くか」

そういうわけにもいかず、フロントに電話をしてもらった。

8時30分にT氏を迎えに行く約束をしていたので、車に荷物を詰めながらエリックを待った。明らかに今起きましたという様相のエリックが走り寄ってきて、開口一番

「集合時間8時30分じゃない?」

「8時だよ!」

みんな声を揃えて突っ込む。そう出たかエリック。なかなか謝らない男である。

急いで、T氏の滞在するホテルへと向かう。普段から安全運転スピード狂の私の運転で、予定の30分にはホテルに到着。「ちょうど良かったんじゃない!」と笑顔のエリック。とことんポジティブな男である。

昨夜、あんなに肉の固まりを食べたのに、お腹が空いてきた一行が向かったのは、エリックおすすめのサブウェイ。早朝だったので、店内にはお客はなく、私たちは注文カウンターへ向かった。

エリック以外、おそらくサブウェイ初体験の私たちが驚いたのは、子供様のバットくらい長いパンに注文の仕方。「ハムとチーズと野菜全種類入れて」と、顔に似合わず何とも豪快な注文をするエリック。彼曰く、セットの注文以外に、入れてほしい具材を何種類でも選べるとか。こんな生き生きしたエリックは見たことがないほど、皆の注文を一つ一つ店員に伝えていく。

「サブウェイ最高!」

さすがに皆ハーフサイズを注文したのだが、エリックは一人、大きなバットを頬ばりながら、「日本のサブウェイでも言ったらいっぱい入れてくれる」と大はしゃぎ。端正な顔立ちは、無意識にトクをしている・・・いや意識的か!

「朝から疲れるなー」

朝食という肉体労働を終えた私たちは、お土産を買うべく大手スーパーWAL MARTへ向かった。お土産を買うのに、なぜ大手スーパーなのかというと、とんでもないお土産を注文した人がいたからだ。

スパムのケース買いに、ホットケーキミックス10キロ。

何でも、「認定デベロッパーに合格したら買って来てあげる」と永井さんと約束して、根性で合格した藤田くんの注文だった。

藤田くん、迷惑です。

でも心優しい永井さんとT氏は、この後、スーパーを数件回り(指定の銘柄のホットケーキミックスがなかったらしい)やっと調達していました。

藤田くん、迷惑です。

ただ、私の心配をよそに、スパムを探して回る二人は、妙に楽しそうでした。

出発時間、それぞれに買い物をすませた皆が車に集合。

エリックがいない。

再び店内に戻ると、明らかに日用品でカートをいっぱいにしたエリックが、レジに並んでいた。

「エリックそれ何?」「お土産」

お土産と彼は言うが、どうみてもカートの中には、洗剤や芳香剤、調味料にナイフやフォークまである。しかもAJAXという洗剤にいたっては、大きなボトル4本も!

「何その洗剤?」「AJAX、たなべさんが全種類買って来てって言った」

たなべくん、迷惑です。

皆の気持ちが一杯つまったお土産と共に、カンファレンス会場に到着。ウェルカムパーティーに向かう。

アメリカ以外の国の参加者が集うパーティー会場では、すでに沢山の人々が立食で騒いでいた。久しぶりにお会いする日本人開発者たち。初めましてのスタッフを皆さんに紹介していると、FMのA氏が、FMのCEOを紹介して下さった。

エリックの通訳のおかげで、とても実りのある会話ができた。エリックの役目の8割は果たしたと言っても良いかも。ありがとうエリック、初めて君が頼もしく見えたよ。

2時間ほどのパーティーの後、プラチナメンバーだけのパーティに出席。このパーティーには、会社から3名しか出席できないので、徳ちゃんと山上ちゃんは、お留守番。バージョンアップや大きな発表もなかったので、比較的静かにパーティーは終わった。

解散後、日本人集団で軽くBarで飲み直し、明日のキーノートに供え、早々に部屋に戻った。

・・・もちろん、重たいスパムと洗剤たちとともに。

✱当サイトに掲載する画像ファイル等全てのデータ情報の、無断での転用・加工・再配布は堅く禁止させて頂きます。         ▲ このページのトップへ