8月12日〜16日までサンフランシスコにて開催の「FileMaker Developer Conference 2009」のレポートを、2009年もお届けします!!カンファレンス・サプライズ特集

  • HOME
  • カンファレンスサプライズ特集2009

<2009年Juppoのカンファレンス参加メンバー>

永井 求
Mr.ファイルメーカー。FileMaker社認定デベロッパ。
寺戸 美香子
Juppoのおかん。本レポートの語り手です。
ギックリー八木
営業の肩書きでありながら、FileMaker社認定デベロッパ資格保持者。
バンバン
独特の感性の持ち主。
スマイリー川幡
台湾出身。中国語・英語・日本語の三ヵ国語に堪能。
白髪さん
取引先のエンジニア。今回岡山よりゲストとして参加。

(一年ぶりのカンファレンス通信、今年も寺戸が報告します!!)

今回の参加者は、いつも冷静沈着な、毎年お馴染みのMr.ファイルメーカー永井。

営業の肩書きながら、認定デベロッパーの資格を持つギックリー八木(何故にギックリー?)。

独特な感性の持ち主、バンバンこと丹原!

昨年の通訳エリックが「アメリカ嫌い!日本が良い!!」とダダを捏ねたので、今回の通訳には、台湾出身でニュージーランドの高校を卒業後関西大学に進学した、経歴は優秀だが、エリックとの会話を聞いていると「日本語大丈夫か?」と少し不安になる、スマイリー川幡。

今回ゲストとして参加した、取引先のエンジニア白髪さん。

そして私、JUPPOのおかん!寺戸。

総勢6名の2009カンファレンス珍道中が始まります!


8月12日

お盆休みの始めにしては、人数が少ない関西国際空港の国際線ロビー。14時の待ち合わせ前に、ちゃんと到着していたのは、永井さんと永井一家。

空港に向かう途中に会社に寄って、玄関のセキュリティーと格闘してギリギリに到着した私の後から無事に着いたのは、短パン姿の八木さん。

岡山からすでに旅が始まっている白髪さんは、気がつけば空気のように到着済み。

やっぱり集合時間に来ないのは、バンバンと川幡くん。

時々会社に来ることを忘れる丹原君の到着を一番心配していたが、小さな荷物を転がしながら、無事に到着。

偶然にもエリックと同じミドルネームを持つ川幡くんが、遅れてもスマイルで合流。

17時10分のフライトまで、解散。「じゃ、サンフランシスコで!」と言う私の言葉に、本気で動揺する白髪さん。初めての海外旅行です。

2年ぶりのお見送りとなった永井家は、奥様の姪っ子甥っ子合わせて総勢5名でのお見送り。

2年前のお見送りのときには、涙を流していた長男が、ヘッチャラな顔して笑顔でお見送り。子供の成長は、嬉しいような、寂しいような?

一方、高校生にもなると、私の愚息たちは「飛行機落ちて、母さん帰ってこなかったら、遺産はどうする?」と協議中。幼かった頃が懐かしい・・・

定刻通りに無事フライト。約9時間の空の旅が始まった。


機内では、さっそく夕飯が配膳された。

アメリカ系航空会社の合理的なサービス?に「やっぱアメリカ人ですよね」とギックリー八木。いつの間にか、会社でエリック担当になっている彼の発言には、考え深いものがある。

ところで、9時間のフライトに、腰痛持ちの八木さんの腰は持つのだろうか?

前職でイスラエル出張の際、ギックリ腰になってしまい瀕死の目にあったギックリー八木は、弊社に入社3日目にギックリ腰を再発し、一週間休んだ経緯を持つだけに、今回の渡米にはいろんな期待!いや、不安がついてくる。

本人も、「保険に入っていた方が、良いですよね」と、用心深い。・・・果たして、無事に腰は持ってくれるだろうか?

空港の人数が少なかったわりには満席の機内に、同業のメンバーの顔も見受けられる。FBAのメンバーが、年に一度、一同に会するカンファレンスは、それだけでも十分に有意義だと思う。

なんとか八木さんの腰も持ち、無事サンフランシスコ国際空港に到着。


現地時間 午前11時

快晴のサンフランシスコ。

定刻通りに飛行機は到着したが、着くはずのゲートに他の飛行機が!

何の事情かわからないが、機内で30分ほど待たされて、やっと上陸。大らかな国です。

到着ロビーで出迎えてくれたのは、同じプラチナFBAのG社のT社長。長旅の疲れも、馴染みの笑顔に吹き飛びます。

数日間の旅の足、レンタカーを借りに空港内をリニアトレインで移動。

シーズン中のため、レンタカー駅を降りた所から、長蛇の列。大阪のFBA、B社のH社長と共に、列に並ぶ。

レンタカー会社のカウンターには、受付モニターが8台。その中で対応している人数は3人。

どうやら、シーズン中の混雑よりも、受け入れ態勢に問題があるのでは? でも、だれも文句を言わず、談笑しながら待ち続ける。大らかな国です。

約2時間後、やっとレンタカーを借りることが出来た。

日本では見たことのないTOYOTAのやたらデッカイ8人乗りの車に、荷物と待ちくたびれたスタッフを詰め込み、一路ダウンタウンへ向かう。

今回のカンファレンス会場は、サンフランシスコのダウンタウン。

例年のカンファレンスは、フロリダやアリゾナなどのリゾート地で、高級リゾートホテルをほぼ貸し切った形で行われてきた。

だが、今年は違う。

ダウンタウンのヒルトンホテル。

リゾート気分よりも、出張に来ました気分・・・(一応、カンファレンスも出張なのだが)

ホテルに向かう途中に、アメリカ初上陸のスタッフ(永井さんと私以外)の希望で、ゴールデンゲートブリッジに立ち寄ることとなった。

ゴールデンゲートブリッジに向かう途中、長時間のレンタカー待ちに、エネルギーを消耗しきった皆のお腹がグーグー鳴り始めている。

夕食まであまり時間がないので、軽食を取ろうと入ったのはケンタッキー。丹原曰く「荻窪の町に似ている」下町のケンタッキーで、アメリカ初の食事を味わう。

感想は・・・味が濃いらしい。

ある意味、本場の味を堪能した?一同を乗せた車の目前に、快晴のもと珍しく霧のない、真っ赤なゴールデンゲートブリッジが見えてきた。

快晴のゴールデンゲートブリッジ ゴールデンゲートブリッジをバックに記念撮影

「偽物みたい」「通天閣の置物みたい?」「お土産ちゃうか?」

・・・情緒のない奴らです。

情緒のない、コテコテの関西人を乗せた車は、無事ホテルに到着。

早々にチェックインを済ませ、ウェルカムパーティー会場に向かう。

会場は、ヒルトンホテルから2ブロックほど離れた高層レストラン。

大きな窓の外には、夕日に染まるサンフランシスコの町並みが輝く。

短時間のドリンクパーティーだったが、一年ぶりに集結したFBAの方々との会話が弾む。

遅れて到着した私が会場に入って、いきなり熱い!歓迎をしてくれたのは、あの!ドイツの人のおじ様!(昨年のカンファレンス通信をご覧下さい)ニコニコ笑顔がお元気そうです。

パーティーの後、G社の方達と共に、チャイナタウンで夕食を食べた。

何故か、ドイツ人のおじ様もご一緒。ニコニコと私の隣で、中華料理を召し上がっている。

「えらいロックオンされてますね」と上機嫌な八木さん。

・・・このロックオンがこの先延々と続くことを、この時はまだ考えもしませんでした・・・

美味しい中華を堪能した一行は、ダウンタウンの坂道を、時差ボケの重い体をゆっくり進めながら、ホテルに帰っていきました。

夕暮れのサンフランシスコ市街地とケーブルカー

明日から、いよいよカンファレンス本番です。

✱当サイトに掲載する画像ファイル等全てのデータ情報の、無断での転用・加工・再配布は堅く禁止させて頂きます。         ▲ このページのトップへ