恒例のJuppo渡米レポート、2010年も寺戸がお伝えします!!2010年8月14日〜22日まで、Juppoスタッフ6名が渡米。「FileMaker Developer Conference 2010」に参加しました。カンファレンス・サプライズ特集

  • HOME
  • カンファレンスサプライズ特集2010

8月16日 カンファレンスセッション初日

ホテル一階の通路に、バイキング形式の朝食が用意されている。

フルーツの盛り合わせに、甘そうなパン。スクランブルエッグとベーコン。パン、ケーキにヨーグルトなど、好きな物を好きなだけいただく。


朝食後、各自参加するセッションへと向かう。


毎年、セッション担当ではなく観光担当?の私。今年は特に、観光色が強い。

ミッドウェイと空母の街が目的の社長に、J-SUMMITS(日本ユーザーメード医療IT研究会)の先生方々のアテンド。


本日は、どうしても空母が観たいという軍曹を乗せて、ミッドウェイ博物館へ。

空母に全く興味のない私は、軍曹だけをミッドウェイに残し、アメリカでしか買えない178㎝が着こなせるビジネススーツを探しに、ショッピングモールへと向かう。

ミッドウェイ博物館

5時30分、それぞれに任務?を遂行したJuppoお気楽司令官の2人は、ホテルに戻り、スタッフと合流。

日本に残した優秀な幹部司令官と、優秀なスタッフに感謝。



エピソード4・・・・「2連覇達成!」


19時からFBAディナーが始まった。

世界中のFBAが一同に会し、コース料理を頂きながら、FM社によるアワード授賞式が行われる。


前菜のサラダだけでお腹イッパイになりそうになりながら、スタッフと談笑。

コース料理を一通り頂いた後で、受賞式が始まった。

FM社日本法人の社長でもあるBill氏の、とてもユーモアのある挨拶から始まり、各賞の受賞者が呼び上げられる。

次々に受賞者が呼び上げられ、壇上へと向かう。そのたびに、会場内は大きな歓声で盛り上がる。

今年は、マッドドッグ賞を、大阪の(株)バルーンヘルプの浜地直美社長と、北海道の(株)DBPowersの有賀啓之社長が受賞された。

満面の笑みのお二人に、大拍手!

「おめでとうございます!」


毎年、日本人の受賞はさほど多くないので、今年はお二人のみと思いきや…、まして、有り難いことに既に2年連続で賞を頂いている弊社は、読み上げられることはないだろうと(私だけ思っていたようですが…)とても無防備に、甘すぎるデザートと格闘していると…。

会場内に響き渡る「Juppo!」の声が!!!


間抜けなほど満腹感に放心状態のスタッフ一同は、お互いに目をパチクリと見合わせて「えっええー!!」

「2年連続!」とあの、冷静な永井さんも興奮気味。

ワインの酔いでボーッとしていた社長も、「えっ何や?何や?」とアタフタ!


慌てて、スタッフ皆で壇上へと上がる。

大きな拍手に包まれて、Excellence Award 2010の賞を頂き、盾を授与される。


ずっしりと重い盾に、日頃のスタッフの苦労と、何よりもお客様への感謝の気持ちが、熱く込み上げる。


本当に、ありがとうございました。

2年続けてExcellence Awardを頂けたことは、来年への更なる飛躍への印籠と思い、気持ち新たに、精進してまいりたいと思います。


感謝の思いで、初日の夜は更けていきました。

✱当サイトに掲載する画像ファイル等全てのデータ情報の、無断での転用・加工・再配布は堅く禁止させて頂きます。         ▲ このページのトップへ