Juppo渡米レポート!!Juppoスタッフ5名が渡米。2011年8月2日〜5日、「FileMaker Developer Conference 2011」に参加しました。カンファレンス・サプライズ特集

  • HOME
  • カンファレンスサプライズ特集2011

<2011年Juppoのカンファレンス参加メンバー>

ミスターN
謎のジュッポーグループ取締役。
永井 求
今年で参加6回目のMr.ファイルメーカー。
たなべ あきひと
パナマ帽をかぶったiPadの匠。
白石姉さん
元ツアコンで、英語が堪能。
寺戸美香子
Juppoのおかんで、ジュッポーグループ常務取締役。

(2011年のカンファレンス通信、今年も寺戸がお届けします!!)

7月30日
10時20分  関西国際空港

夏休みで円高なのに、思いのほか人が少ない国際線出発ロビーに、チームJuppoの姿が見当たらない。
時間に正確なMr.ファイルメーカー永井さんの姿さえ無い。

辺りを注意深く見渡すと、外国人に紛れて日本人カップルが二人、並んで座っていた。
男性はパナマ帽にサングラス、女性はノースリーブのワンピース姿。
仲の良いカップルかと思いきや、今回で2度目のカンファレンス参加、スナフキンたなべ改め、パナマ帽たなべと、60歳までノースリーブ着ます!と公言する肉体美の白石姉さんだった。

そこへ、既に到着して、万が一に備えて薬局に常備薬を買いに行っていた永井さんが戻って来た。
さすが危機管理のエキスパートです。

4人揃ったところで、後一人の参加者を待つ。

数分後。

スーツケースを引っ張りながらサンダル姿でミスターNが、無表情で
登場。彼は朝が苦手で、機嫌が悪い。
そしてプライベートではどこへ行くのもサンダル履き。
登山の時も確かサンダルだった。
何故か、このカンファレンス通信の掲載に、自身の名前を匿名で希望をしているミスターN。
もう、半世紀も生きている大人なので、大人な事情が有るのだろう、追及はしないでおこう。

今年のカンファレンス参加者は総勢5名。
取締役2名に、部長と若手リーダーが不在となるJuppo Groupに、
一人残った、もう一人の部長ロマンティスト卯目が、「みんなに何かあったら、どうしよう。会社大変だよね」と卯目スマイルで語った言葉を思い出しながら、旅の安全を祈りつつチームJuppoのカンファレンス2011の旅が始まります。

10時30分  チェックインカウンター

早めに集合したので、並ぶ事なくチェックインカウンターへ進み搭乗手続きへ。チェックインカウンターで待たされる画像
カウンターの可愛いお姉さんの作業が少し遅くて、少々待たされる。
カウンターの前で待っている私の後ろから、4人の会話が聞こえてくる。

「うどんと、そうめんって、どう違うんですか?」とパナマ帽たなべ。
「見たままやんけ!」とミスターN。
「きしめんとも違うよね」と名古屋出身の永井さん。
「どれも小麦粉ですよね」と白石姉さん。

どうでも良い会話を、真剣に面白く談笑する一行。
この生真面目さが面白い。

チェックインを済ませ、出発時刻まで解散。
集合は飛行機で。

出発までの時間私は、8月1日からハワイ島にホームステイする次男に、搭乗手続きや両替など、単独で出発するための説明をする。
大阪に出てきた頃、まだ小学生の低学年だった二人の息子に、大阪の地理を教える為、携帯電話と地図とお金を持たせて、車で遠方に行き、「家で集合!」と現地で下した。
初めの一回は、恐る恐るだったが、数を重ねる毎に、帰路を楽しむ余裕も出来、すっかり大阪の街にも詳しくなった。
「高校生になったら、近隣の外国に下ろして、自力で帰らせるからね」と、その当時から言っていた事が、現実になったと苦笑する息子に、大きくなったなと、母の顔になる。

11時30分  出国ゲート

息子に見送られ、寺戸家のオカンから、Juppoのオカンへ。

今回の渡米は、韓国インチョン空港経由のアシアナ航空。
大阪から東京へ新幹線で移動するよりも早く、韓国インチョン国際空港へ到着。

乗り継ぎゲートで、パナマ帽たなべのローションを没収された以外は、スムーズに進み、再度出発迄の間、解散。
集合は飛行機で。

免税店をウロウロしていると、チームJuppo男部隊と遭遇。
「せっかく韓国来たんだから冷麺食べないと!」
とグルメな永井さん。
4人でレストランを探したが、何故か冷麺だけ売り切れ。
帰りの乗り継ぎの時に食べましょうと、冷麺は諦めて、ビールで
一息つく。仁川空港の画像

16時  出発ゲート

出発時間30分前、既に長蛇の列が出来ている。
大勢の旅行客の中に、白石姉さんの姿を探す。
いくら探しても、他のゲートに探しに行っても、見つからない。
海外での生活経験も有る旅慣れた白石姉さんなので、先に搭乗しているかもしれないと私達も列に加わった。
ほぼ満席の機内を進むと、キッチリ席に収まった白石姉さんを発見!
集合は飛行機で!でしたね。
忠実です。
仁川空港での画像

16時30分  定刻通り離陸

「長いフライト時間、私は絶対寝ません!」と、i padに映画を何本も入れてきたパナマ帽たなべが、2度ほど撃沈して無事にサンフランシスコ国際空港へ到着。

誰も止められる事もなく、入国手続きを済ませ、魔のレンタカー手続きへ。
毎年、何時間も待たされるレンタカーに、覚悟をしながら向かう。
ところが、一度も並ぶ事なく長蛇の列を横目に、スイスイと駐車して
有るレンタカーに向かう永井さん。
何と、事前に日本でレンタカーの手続きをネットで済ませていたらしい。
さすがキッチリカッチリ永井さん。
渡米を重ねる毎に学習されます。

疲れる事なくレンタカーに乗れ、ホテルに向かう途中で、ミスターNが一度は見たいと希望するゴールデンゲートブリッジへ向かう。

霧のサンフランシスコを想像していたミスターNは、晴天のサンフランシスコに
「えー晴れてたら値打ち無いやん!」と、不満そうに嬉しそう。
週末で混みがちな市街を抜けて、目前に真っ赤なゴールデンゲートブリッジが現れた。
「えーっ明石大橋やん!」と、ミスターN。
レンタカーの駐車場で、スーツケースの鍵を無くしてしまった事を、かき消すかの様にテンション↑

もはや毎年好例となった、ゴールデンゲートブリッジを背に記念撮影する。
ゴールデンゲートブリッジ記念撮影の画像

レンタカーの駐車場で、無事カギを発見してからホテルへ移動。

この、カギを無くしたミスターNの動揺は、カンファレンス通信にエピソード1として、書かれるだろう思っている皆の期待を外して、アッサリ済まそう。

ドキュメンタリーは、意識されると、面白くない。

17時  サンノゼの ホテルに到着

ネットで事前予約決済を済ませていたのに、トリプルの部屋が無く、受付で手間取る。
通訳の白石姉さんと私の、貫禄有るアジア人姉さんに、ホテルのマネージャーも一生懸命対応して下さり、無事チェックイン完了。

後日談だが、一泊目、永井さんとたなべ君の掛け布団が無かったらしい。マネージャーの小さな反撃か?

18時  FM社のN氏と会食へ

毎年、恒例と成りつつ有るN氏との会食は、毎回とても有意義な時間となる。
N氏のお人柄に感謝。
韓国料理の画像
N氏お勧めのレストランが偶然にも韓国料理店だった為、永井さん念願の冷麺も頂けて、チームJuppo心もお腹も一杯に成り、渡米初日の夜を迎える。

程よい疲れの中、就寝。

これから長い旅が始まります。
どんな珍道中になるのでしょうか!

✱当サイトに掲載する画像ファイル等全てのデータ情報の、無断での転用・加工・再配布は堅く禁止させて頂きます。         ▲ このページのトップへ