Event詳細

「FileMaker ワークショップ@大阪」開催
「スクリプト間での値の引き渡し方 〜バケツリレーの手法〜」

参加費無料のワークショップ(先着25名)を、2018年9月14日(金)に大阪産業創造館にて開催いたします。スキルアップの絶好の機会になると思いますので、ふるってお申し込みください。このワークショップでは、主催者の進行のもと、主催者が用意したテーマについて他の参加者と意見交換をしながら、日頃抱いている疑問を解消したり、FileMaker プラットフォームを利用した カスタム App の作成に役立つ知識を深めたり、実際に応用できるスキルを習得したり、ベストプラクティスを学んでいただけます。

テーマ

スクリプト間での値の引き渡し方 〜バケツリレーの手法〜

電卓には"メモリー機能"というものがついています。計算をして得られた結果を憶えさせておき、別の計算を実行したのち、その結果と前の計算結果をさらに計算するために呼び出せるようにするものです。FileMakerのカスタムAppに実装される処理についても、あるスクリプトで得られた結果やレコードの状態を、別のスクリプトに引き継ぎ処理をさせるようなことは、よくあることです。
今回のワークショップは、
・変数
・グローバルフィールド
・スクリプト引数
・Get(スクリプト引数)
・現在のスクリプト終了(テキスト結果)
・Get(スクリプトの結果)
などを使用し、スクリプト間の値の引渡し方法について考察します。

< ワークショップの進行について >
以下のテーマごとにグループ(各5~8人)を分け、希望のグループに参加いただき、進めていきます。
最後に各グループごとに議論した内容を発表いただき、参加者で内容を共有する予定です。

テーマ1:(データベース初中級向け)
FileMaker Proでスクリプトを組み始めた方で、各機能のそもそもの意味合いや動作を確認しつつ、"スタンドアロンで使用する"ことを前提としたファイルでの値の引き渡し方について検討します。
テーマ2:(FileMaker Pro Advanced、FileMaker Pro 中上級)
パフォーマンス向上のために検討されるサーバーサイドスクリプト("サーバー上のスクリプト実行"ステップ)を活用した、"共有ファイルで使用する"ことを前提としたファイルでの処理について検討します。 (排他処理含む)

主 催:株式会社ジュッポーワークス (FBA Platinum メンバー、本ワークショップのファシリテーター)
後 援:ファイルメーカー株式会社

日 時 2018年9月14日(金)13:30~17:30(受付開始13:15)  
会 場 大阪産業創造館 6F 会議室D
大阪府大阪市中央区本町1-4-5 (TEL:06-6264-9808)
地下鉄堺筋線 堺筋本町駅下車 12番出口 徒歩5分
定員/参加費 定員:25名(先着順) / 参加費:無料
対 象 FileMaker Pro Advanced や FileMaker Pro を利用したことがある方(初級〜中級)
※当日、可能であればFileMaker Pro Advanced もしくは FileMaker Pro がインストールされているPCをご持参いただくと、内容把握がしやすいと思います。
お申し込み方法 お申し込みには、個人情報の入力がございます。本イベントへのお申し込みは、「FileMaker の顧客プライバシーに関するポリシー」に同意したことになります。お申し込み前にご確認ください。
なお、セミナーは先着順となっております。定員になり次第お申し込みを終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。 ご参加をお待ちしております。
◆◇◆お申込み先URL◆◇◆
本ワークショップは終了しました。
申込締切 2018年9月14日(金) 13時15分
お問い合わせ先 ■本ワークショップの内容と実施に関するお問い合わせ先:
株式会社ジュッポーワークス
doms@juppo.co.jp

▲ このページのトップへ

「Think FileMaker (R) From Juppo 」は、独立したセミナーであり、FileMaker, Inc. との提携や正規契約、後援、その他一切の承認を受けたものではありません。FileMaker、 ファイルメーカー及びBentoは、米国及びその他の国における FileMaker, Inc. の登録商標です。