Event詳細

「FileMaker カンファレンス 2018」

FileMakerカンファレンスは、FileMaker社が主催する10年目を迎える毎年恒例の統合イベントです。ビジネスを大きく変えるカスタム App を開発・活用するためのヒントやベストプラクティス、テクニックが集結する日本最大のFileMaker プラットフォーム総合イベントです。弊社は、ジェネラルとメディカルのセッション講演と、ショウケースに出展します。ぜひ、カンファレンスにご参加ください。皆様のご参加をお待ちしております。

テーマ

「FileMakerカンファレンス 2018」

FileMakerカンファレンス 2018では、目的にあわせた以下のようなセッションが用意されております。

・業務改善のためのカスタム App について検討・情報収集をしている
・カスタム App をクラウドで展開し活用することを検討している
・カスタム App について検討・情報収集したい
・iPad や iPhone などのモバイルのビジネス導入を検討している
・カスタム App 作成や運用のための FileMaker スキルを向上したい
・FileMaker 以外の製品やサービスとの連携や可能性を知りたい
・医療業界のカスタム App の活用について知りたい

主     催  :ファイルメーカー株式会社 
開 催 日 :2018年11月7日(水)・8日(木)・9日(金)
開催場所:虎ノ門ヒルズフォーラム
(住所:東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階 虎ノ門ヒルズフォーラム)

□カンファレンス及び、セッションへのお申し込み方法
下記の「カンファレンス参加登録URL」へお進みください。
カンファレンスは参加登録フリーパス方式です。カンファレンスに参加登録していただくだけで、
トレーニングセッション等一部を除く、どのセッションにも自由に参加いただけます。
(ランチョン・スイーツ セミナーは、フリーパス方式ではございません。)
詳細は下記「カンファレンス参加登録URL」で、 ご確認の上、ご登録ください。

◆◇◆FileMakerカンファレンス2018公式サイト / 参加登録(参加申込)URL◆◇◆
FileMakerカンファレンス2018は終了いたしました。

弊社スタッフが講演するセッション
【 G - 16 】
ジェネラル
FileMaker プラットフォームにおけるシステム障害への備え、障害時の対応(無料)
スピーカー:株式会社ジュッポーワークス 
ソリューション開発部 取締役部長 永井 求
[日時:11月8日(木) 15時30分~16時30分]
FileMaker カスタム App の作成後の運用について、特に障害時への備え、および障害時の対応にフォーカスしたセッションとなります。

【セッションで予定しているサブテーマ】
・FileMaker Server でのカスタム App の展開
・FileMaker Server 17 のバックアップ機能
・運用環境の冗長化(クラスタリング)
・障害時におけるデータファイルの復旧
・修復とFileMaker data migration tool

【このセッションで学べること】
・FileMaker Server の環境構築
・Cloud 環境の冗長構成
・ファイルの復旧手順
・FileMaker data migration tool の利用方法

【こんな方におすすめ】
・運用管理部門、担当者
・中、大規模カスタム App の運用を検討している人
【 M - 1 】
サーバー & テクニック
当院における、がんゲノム医療を目的とした、バイオバンクシステム/
遺伝子検査結果データベースの構築と運用について。
スピーカー:兵庫県立がんセンター
研究部・婦人科・ゲノム医療臨床試験センター 部長 須藤 保
株式会社ジュッポーワークス 
ソリューション開発部 取締役 卯目 俊太郎
[日時:11月9日(金) 10時05分~10時35分]
我が国において遺伝情報に基づきがんの診断・治療を行う「がんゲノム医療」が実用化されつつあります。当院(兵庫県立がんセンター)は都道府県型がん拠点病院として、最良かつ先進的ながん医療を提供してきましたが、本年(2018年)4月より国指定のゲノム医療連携病院としてゲノム医療を実施しています。ゲノム医療を行うにあたって特に重要視されているのは、検査に供するDNA/RNAのリソースとなる検体を質高く保存・管理するバイオバンクの設置と、解析によって得られた究極の個人情報である遺伝情報を適切に管理することです。遺伝情報をバイオバンクシステム(「いつ」「どの標本(組織)から得られたものか」「現在その標本の保存状況」)と結び付けることがきわめて重要です。当セッションでは次の2点を主題に当院の取り組みをご紹介します。
1. 遺伝子検査結果データベースのあらまし
2. 遺伝子検査結果データベースと検体管理システムの融合 - 「いま」と「未来」

【このセッションで学べること】
・「がんゲノム医療」領域における FileMaker プラットフォームの活用事例
・電子カルテと FileMaker プラットフォームの連携の事例

【こんな方におすすめ】
同領域でなんらかの仕組みを構築、または導入されようとされている方
弊社ショウケース
      業務支援カスタムソリューション「 Tools 」 
顧客管理/商品管理/見積作成など、様々な業務での利用を想定して開発されたシステムです。

主な機能
 ・PCシステムとiPadシステムのデータ同期
 ・顧客管理(対応履歴管理/住所からの地図表示)
 ・商品管理(商品画像撮影/バーコード読み取り)
 ・見積作成(商品マスターからの選択/見積メール送信)
 ・商品画像のスライドショー
 ※ 本システムはカスタマイズ対応も可能です。
Juppo では創業以来FileMaker Proの可能性に着目しこれまでに300を超えるFileMakerプラットフォームのソリューションを開発してきました。
ショウケースでは上記「業務支援カスタムソリューション Tools」を中心にご紹介します。 「Tools」は、業種・業態にかかわらず参考にしていただけるシステムです。カスタマイズ対応も可能です。
お客様のご要望に合わせた開発事例やFileMaker プラットフォームによる開発トレーニングなど幅広くご提案させて頂きます。 「新たにシステムを構築したい」「社内で開発されたシステムをブラッシュアップしたい」「FileMakerプラットフォームを用いた開発が出来る人材を育てたい」等々、色々ご相談ください。 皆様のご来場をお待ちしております。

《アポイント連絡先》
株式会社ジュッポーワークス 細川/車田
E-mail:doms@juppo.co.jp   TEL:0120-108-154 (通話料無料)

□FileMakerカンファレンスに関するお問い合わせについて
FileMaker カンファレンス 事務局 (株式会社ペッププランニング内)
Tel:045-680-2125 Fax:045-680-2122 E-mail:fmc@filemaker.com

□弊社が担当するセッション及びショウケース(展示)に関するお問い合わせについて
株式会社ジュッポーワークス
E-mail: doms@juppo.co.jp

▲ このページのトップへ

「Think FileMaker (R) From Juppo 」は、独立したセミナーであり、FileMaker, Inc. との提携や正規契約、後援、その他一切の承認を受けたものではありません。FileMaker、 ファイルメーカー及びBentoは、米国及びその他の国における FileMaker, Inc. の登録商標です。