Event詳細

「FileMaker ワークショップ@大阪」開催
 インポート/エクスポート機能の理解と活用

参加費無料の FileMaker ワークショップ(先着30名)を、2019年5月24日(金)に大阪産業創造館にて開催いたします。スキルアップの絶好の機会になると思いますので、ふるってお申し込みください。 このワークショップでは、主催者の進行のもと、主催者が用意したテーマについて他の参加者と意見交換をしながら、日頃抱いている疑問を解消したり、FileMaker プラットフォームを利用した カスタム App の作成に役立つ知識を深めたり、実際に応用できるスキルを習得したり、ベストプラクティスを学んでいただけます。

テーマ

インポート/エクスポート

近年のFileMaker プラットフォームが、バージョンアップごとにフォーカスしているポイントの一つとして、「連携」が挙げられます。
FileMakerの世界だけでなく、他のシステムとの連携を効率的(開発・運用両面において)行うために、カスタムWeb・REST APIなどの機能が実装されてきました。「連携」と言っても、要は"データの二次活用"です。別の仕組みで利用するデータを、せっかくFileMaker データベースが蓄積しているのだから、同じ内容を二度手間をかけて入力するのではなく、必要な情報をサクッと投入できることがデジタルの良いところではないでしょうか。
それらを実現するために様々な機能や技術がありますが、今回は比較的原始的な方法、汎用的なファイルに書き出したり、取り込んだりすることで連携を図ろうということで、インポート/エクスポート機能をテーマといたします。
Microsoft Excelしか持っていない人にデータを渡す、逆に参加者名簿を多くの人から回収してFileMakerで管理するために集約する、といった様々な場面を想定しながら、インポート/エクスポート機能の特徴、設定項目の理解、また機能だけでは実現が難しいことやその代替手法を考えていきます。
なお、進行するにあたり以下のテーマごとにグループを分け、希望のグループに参加いただきます。

< FileMaker ワークショップの進行について >
以下の課題ごとにグループ分けを行い、希望のグループに参加いただきます。
最後に各グループごとに議論した内容を発表いただき、参加者で内容を共有する予定です。

グループA(初級):インポート/エクスポートの機能、設定項目の理解、および気をつけるべき留意点について、課題をベースに取りまとめていただきます。

グループB(中級):標準機能で解決できないことの代替手法を検討します。
例:任意のヘッダ(項目名)を付加したCSVファイルの作成、固定長データのインポート、全銀フォーマットなど1ファイル内に複数のテーブルデータを結合してエクスポート等

主 催:株式会社ジュッポーワークス (FBA Platinum メンバー、本ワークショップのファシリテーター)
後 援:ファイルメーカー株式会社

日 時 2019年05月24日(金) 13:15~17:30  
会 場 大阪産業創造館 5F 研修室B
大阪府大阪市中央区本町1-4-5 (TEL:06-6264-9808)
地下鉄堺筋線 堺筋本町駅下車 12番出口 徒歩5分
定員/参加費 定員:30名(先着順) / 参加費:無料
対 象 FileMaker Pro Advanced や FileMaker Pro を利用したことがある方(初級〜中級)
※当日、可能であれば FileMaker Pro Advanced もしくは FileMaker Pro がインストールされているPCをご持参いただくと、内容把握がしやすいと思います。
バージョンは基本的に「17」を前提として進めます。お持ちでない方は、可能であれば評価版であってもインストールをお勧めいたします。
お申し込み方法 お申し込みには、個人情報の入力がございます。本イベントへのお申し込みは、「FileMaker の顧客プライバシーに関するポリシー」に同意したことになります。お申し込み前にご確認ください。
なお、セミナーは先着順となっております。定員になり次第お申し込みを終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。 ご参加をお待ちしております。
◆◇◆お申込み先URL◆◇◆
本ワークショップは終了しました。
申込締切 2019年5月24日(火) 12時30分
お問い合わせ先 ■本ワークショップの内容と実施に関するお問い合わせ先:
株式会社ジュッポーワークス
doms@juppo.co.jp

▲ このページのトップへ