Tools 4 Sales 2020

Tools 4 Salesは、顧客管理/販売・営業支援/商品管理のソリューションです。 実際に利用されているシステムで好評の機能やご提案したい機能を搭載しています。利用場面をイメージしながら、ご確認ください。本ツールは、使える機能を集めたサンプルですが、iPadで利用可能で、実際に店舗や訪問営業の現場で使っていただくこともできます。 トップ画面には、「見積り履歴」「対応履歴」「顧客」「商品」の4つのボタンが配置されており、顧客・見積・商品の管理を行えます。顧客を中心に対応履歴、見積り履歴をお使いいただけるシームレスなシステムになっています。

サンプルが公開されております。ぜひ、お試しください。

 >> 無料サンプルダウンロードはこちらへ (クラリス社)open_in_new

機能制限: レコード数:30件まで
動作環境: FileMaker Go 18 、FileMaker Go 19 に対応
FileMaker Go 18 、FileMaker Go 19 の動作するiPadのみ
Tools4Salesトップ画面

[顧客管理]
顧客情報に加えて、電話応対を含めた問合せ内容・打合せ時の内容などを対応履歴として記録し、サービスに活かします。
[見積り管理]
登録した商品を選択し、見積りを作成します。作成された見積もりを提案書として利用もできます。見積もりや提案書はPDF形式でメール送信する機能も備えています。
[商品管理]
商品マスタとして登録管理します。iPadのカメラ機能を利用して、その場で商品を撮影、登録可能です。また、商品コードは、バーコードの読み取り機能により、タイプなしに入力できます。

機能一覧

  •  【顧客管理】 
  •  ・顧客情報の新規登録/編集/検索/一覧表示 
  •  ・Web 接続時に郵便番号から住所入力
  •  ・Web 接続時に住所から地図表示
  •  ・顧客対応登録(対応履歴表示)
  •  ・見積作成(見積履歴表示)
  •  
  •  
  • 【見積管理】
  • ・新規作成/編集/検索/一覧表示
  • ・商品マスターより選択
  • ・見積書/提案書のメール送信(PDF)
  • 【商品管理】
  • ・新規登録/編集/検索/一覧表示
  • ・商品画像登録(3点)
  • ・バーコード読み取りによる商品番号登録

顧客 (FileMaker Go)

Tools4Sales顧客画面

トップの[顧客]をタップすると、顧客一覧が表示されます。顧客行右側「 > 」をタップすると、顧客詳細が表示されます。「filter」では、、顧客コード等での検索が可能、「+」マークのタップで、顧客を新規登録ができます。

顧客詳細では、顧客情報と対応履歴を確認できます。左の画像上方の赤矢印「見積り2件」では、現在の見積り件数がわかります。これをタップすると、「create」「list」のボタンが表示され、「create」では、新規の見積り詳細、「List」では、見積り履歴の画面へ移動されます。

下方の対応履歴は、表示中の顧客の対応履歴がリスト表示されており、各対応行の右側の「鉛筆」マークのタップで、対応内容画面が表示され状況確認ができます。また、「+」マークのタップで、対応内容画面が表示され、対応内容を新規で追加登録できます。

見積り履歴 (FileMaker Go)

Tools4Sales見積り履歴画面

トップの[見積り履歴]をタップすると、見積り一覧が表示されます。各見積り行右側「 > 」をタップすると、見積り詳細が表示されます。「filter」では、顧客コードや顧客名、商品コードや商品名、見積り日付での検索が可能です。また、「+」マークのタップで、見積りを新規登録できます。

見積り詳細では、顧客情報と見積り内容が確認できます。左の画像赤矢印「商品明細 2行」のタップで、「select」ボタンが表示されます。これにより、商品選択画面から商品を追加し、見積りが作成できます。明細行右端の「ー」マークのタップで見積り商品を削除できます。

見積り詳細画面の上部、「print」のタップで、「お見積り書」「ご提案書」が表示されます。「お見積り書」と「ご提案書」の切り替えや見積りや提案書をPDF添付し、メーラーを起動するボタンも配置されています。

対応履歴 (FileMaker Go)

Tools4Sales対応履歴画面

トップの[対応履歴]をタップすると、対応履歴一覧が表示されます。「filter」では、対応日付や顧客コード、顧客名で検索ができます。各対応行一番右側「 > 」マークをタップすると、対応内容が表示されます。また、「+」マークのタップで、新規の対応内容を登録できます。 
対応内容は、対応内容と備考の項目に登録します、この部分が対応内容一覧に反映されます。サービス/購入品では、「+」マークタップで、行が追加でき購入品や費用(価格)が登録できます。

商品 (FileMaker Go)

Tools4Sales商品画面

トップの[商品]をタップすると商品一覧が表示されます。「filter」での商品の検索に加えて、「add」ボタンで商品の新規登録ができます。商品一覧の各商品行一番右側「 > 」をタップすると、商品詳細が表示されます。
商品詳細では、商品コード右側のバーコードボタンを選択すると、バーコード読み取りカメラが起動し、バーコードを読みとり、商品コードを自動で入力してくれます。商品画像スペースをタップすると、インポート方法が選択でき、iPadのカメラを起動し、その場で商品画像が登録できます。商品画像項目のスワイプで、画像は3つ登録できます。

Recent Solutions

>> more & detail